ふみみーみLIFE

子供中心の生活の中の工夫や経験の備忘録。子供・工作・お出掛け・ガジェットレポートなど。

Surface Go:Surfaceペン(スタイラスペン)はマウスの代りになるか?

SurfaceGoでSurfaceペン(スタイラスペン)をマウスの代わりとして使えるか、その使い方についていろいろ試してみました。これまでマウスしか使っていなかったのですが、本来、SurfaceシリーズはタブレットPCとしての用途も意識されているので、もしかしたら楽しみ方に半分気付いていないのかも・・・。という事で、今更ながらSurfaceペンに挑戦です。

1:マウスとSurfaceペンの操作比較

今回導入したのはMicrosoft純正のものです。通常マウスで操作する下記の動作についてSurfaceペンだとどのような具合になるか確認しました。

  • クリック:ペン先でタッチ
  • ダブルクリック:ペン先でダブルタッチ
  • ドラッグ(移動):ペンでタッチしたまま画面上をなぞる
  • ドラッグ(範囲指定):テキストはダブルタップで場所を選んでから範囲を微調整。または横ボタンを押しながら対象をなぞる。EXCEL範囲などは範囲をなぞる。サブメニューは範囲指定後、一旦離して、範囲内を再度長タップ。
  • 右クリック(サブメニュー表示):ペン先で画面をタッチしたまま1秒くらい維持。またはペン横についているボタンを押しながらタッチ。
  • ホイール(スクロール):ペン先で画面をタッチしたまま上下左右に画面を移動(直感的な操作)

一応、一通りの基本動作はできるようです。

2:Surfaceペンのボタン機能

アタシが使っているSurafaceペンにはボタンが2個ついています。

f:id:fumimi-mi:20190614135638p:plain

  • ペン上部ボタン:アプリケーション起動できます。動作内容はカスタム可能なので、頻度の高い用途を登録すると便利かもしれません。
  • 横ボタン:右クリック相当の動きが中心ですが、範囲指定もダイレクトで指定できるので、直感的に操作するには便利かも。

3:Surfaceペンはマウスの代りになるか?

Surfaceペンを使ってみての初見なので「何もわかってない」とご指導いただいてしますかもしれませんが、先ずは直感的に使える範囲での率直な感想としては、マウスの代用としてはちょっと難しいかなぁ、というのが本音。

なぜそのように思うか、デバイス機能というよりも、人間工学的な観点でマウスとの差を整理すると、

  • PC操作でキーボードショートカットキーを多用しているユーザとしては、両手はキーボード上にあるのが基本。
  • マウスは机上に置いてあるので「机上で場所をずらす・ボタンを押す」という操作で済むが、ペン操作は、必要な時の持ち替えが一手間かかる。
  • ペンは「握って画面上の操作ポイントまで腕を動かす」という挙動が必要になる。
  • ペンの方が単純に操作する人の挙動範囲が大きい。

といった要因なのかなと思います。

4:それでもSurfaceペンは便利

Surfaceペンを使ってみて、ペン特有の便利なポイントも沢山ありました。

  • 外出移動中の操作では重宝する。新幹線とか飛行機とか、マウスが使いにくい場所。
  • 大した作業量ではない時に、ササっと必要な操作ができる。
  • 絵を描く時、タブレットとしてキーボード無しの状態で操作する時、には大活躍できる可能性はありそう。
  • 持ち運びは楽。マウスよりも場所を取らない。SurfaceGo本体横にマグネットで簡単に取りつく。

など。筆圧・書き心地に慣れればヌルヌル書けますので、特にお絵描きソフト等で自在に操れるようになるかと思います。直感的に作図するには最適です。文書編成よりも、デザイナー寄り(描画)・ビジネスプレゼンテーション寄り(資料閲覧)の用途には重宝しそうな気がします。

5:数式入力にはSurfaceペン大活躍

数式のデジタル表記は、理系ならば苦労したことがあるであろうと思います。WORDの数式エディタがメジャーで利用される方が多いかと思いますが、アタシはキレイな数式表記をするためにLaTeXという文書組版ソフトを使っていました。(最近はWORDでもLaTeX書式からの取り込みができるようになったみたいですね。)

今は、Surfaceペンで数式を手書き入力すれば自動でデジタル化(OCR)してくれるので大変便利になりました。SurfaceGoにバンドルされているMicrosoftOfficeに含まれているOneNoteでも直接数式を記述できますので簡単にお試しできます。

f:id:fumimi-mi:20190613152200p:plain

手書きで書いて

f:id:fumimi-mi:20190613152232p:plain

範囲指定して

f:id:fumimi-mi:20190613153523p:plain

数式変換のボタンをポチっと

f:id:fumimi-mi:20190613153540p:plain

ちゃんと読み取って、数式を作成してくれました。また、関数を手書きすれば、数式認識してくれる上、2Dグラフ化してくれます。

f:id:fumimi-mi:20190613152420p:plain

もちろん、OneNoteへの入力デバイスはSurfaceペンでなくても、マウスや指でもできますが、やはり数式のように細かい記述については、ペンデバイスの方が適しているように思います。

6:まとめ

そもそもマウスの代用としてではなく、全く別のデバイスとして捉えた方が良いかも、というのがアタシの結論です。Surfaceペンがあればマウスの機能は補完できますが、操作性という観点では完全移行(マウス無しの生活)は難しいかなという感想です。

Surfaceペンはペンデバイスとしての使い方を追求していくことで活躍できそうです。それぞれの特長を活かしながら、アタシはSurfaceペンとマウスの両方を適宜使い分けて活用しています。

 

Surface Go・Windows10初体験での、いろいろカスタム・気付きの備忘録は↓こちら↓にまとめていますのでご参考になる記事があれば幸いです。

www.fumimi-mi.love

続・英語家庭教師を自力で探してみた。実レッスンについて。

 
以前、記事をまとめました英語の家庭教師について、かなりワガママなオファーでしたが、快く受けてくださる先生と出会うことができ、子供も自然な英語に触れ合うことができました。

www.fumimi-mi.love

 また、この記事について具体的にどのような内容でレッスンを行ったか、ある読者様からご質問を頂きましたので(あくまで、主観的な内容ではありますが)まとめておきたいと思います。

1:レッスンの構成・時間割について

先生とも相談して、1回約2.5時間のレッスンという設定で下記の時間割としました。
  • 20分 ウォーミングアップの雑談(親と先生、子供と先生)

  • 30分 レッスン(歌、カード遊びなど)

  • 10分 bathroom time(トイレ休憩)(先生も休憩)

  • 40分 アクティビティ(お絵描き・工作・料理・お出掛けなど)

  • 20分 おやつタイム

  • 20分 レッスン(テキスト、読み物)

  • 10分 お片付け・宿題

  • 10分 ミーティング(親と先生・次回の相談)

実際には時間割通りには進まず、それぞれの時間が前後しながら進めましたが、長すぎるという感覚はありませんでした。小気味よく時間を区切って、いろいろな生活場面を織り交ぜながら過ごすことで、先生も子供も飽きずに過ごせたかと思います。

2:例えば最初のウォームアップの20分という長さについて

家庭教師に来宅してもらったら、子供はとにかくよく喋ります。先生との相性によると思いますが、ウチの子は、先生の事が大好きで1週間の出来事を、全て先生に伝えないと気が済まない様子でした。もちろん、子供は日本語で。(親でも内容理解できない日本語が多々ありましたが・・・)
その間、英語の先生は、意味は判らなくても、とにかく子供の話を聞いてくれました。子供の言葉を時々英語に変換してくれながら。
このコミュニケーションだけで軽く20分くらいかかりました(笑)でも、子供にとっては、指示されたことを喋るのではなく、「自分が話したいことを話す。相手が外国人でも気にしない。」という自分から発信するという姿勢のトレーニングになっていたかなと思います。
  • 子供「先週コストコ行ったんだよ!!」
  • 先生「Wow! カスコ?」
  • 子供「Ya! カスコ!!」
※英語では「カスコ」と発音するようですね。結果的に子供は「コストコ」「カスコ」両方覚えました。

3:レッスンとアクティビティについて

子供と先生双方の性格や、進め方によると思いますが、アタシが意識したのは、
  • お互いに飽きない
  • お互いに疲れない
  • 一緒に楽しく
という3点でした。例えば一緒に玩具で遊びながら自然な英語を学ぶのも大変効果的と思いますが、そうなると、英語の先生というよりの、英語のシッターさんの方が適任かもしれません。シッターさんは子供と遊ぶ・子供のお世話をするプロですから。
いわゆる英語の先生を探そうとすると、おそらく普段は教室やお家でテキストやCDを使いながら子供に教育するスタイルに慣れていますので、「玩具で遊ぶのみ」ですと先生側が飽きてしまったり、手持無沙汰になってしまったりして長続きが難しいような気がします。もちろん、子供遊びが上手な先生もいらっしゃいますので、あくまで先生とのご相談が必要かとは思います。私は先生とも相談して、
  • レッスンは正しい英語を学ぶ時間(意味が通じても、英語が間違っていたらキチンと教える)
  • アクティビティは英語を使ってみる時間(間違っていても、意味が通じればOK。直さない。)
と切り分けて過ごすことにしました。

4:個人レッスンとグループレッスン

これは圧倒的に個人の方が良いと思います。当然ながら個人の方が費用は掛かりますが・・・。また、かなり主観的にはなりますが、、、
<グループレッスンのデメリット>
  • 子供同士で日本語で喋ってしまう。
  • 一人でも暴れん坊将軍が居るとレッスンにならない。
  • クラス人数の分だけ、先生との対話の時間が減る。
  • 先生を選ぶ機会が限られる。先生の変更も頻繁。
  • (スクールの場合、スクール側の都合での変更も多い。)
<グループレッスンのメリット>
  • 新しいお友達ができる。(子供も親も)
  • お友達同士で相互研鑚できる。
  • スクールによっては、規模の大きいイベントができる。
遠足したり、ハロウィンで近所まわったり、クリスマスパーティしたり。また、個人レッスンでも、スクールか家庭教師かの選択もあるかと思いますが、学習効果については大きな差はないと思います。スクールまでの通学時間、料金設定、レッスンプログラム、先生との相性といった観点での選択になるかなと思います。
また、家庭教師でもグループレッスンの設定を受けてくれる方もいらっしゃいます。子供同士が、同じくらいの英語レベル、同じくらいの世代で、ふざけ過ぎない良い友達関係であれば、相互に刺激し合って、安心して受けることができると思います。
一方、兄弟や友達でも、一緒にいるとつい遊んでしまう(仲が良すぎる)関係ですと先生が制御するのに苦労してしまったり、年やレベルが離れてしまうと、片方がリードしてしまって、先に受け答えてしまったり、偉そうにしてしまう。。。遅れている方はスネてしまう。。。という現象になったりします。この点は、子供の個性や一緒に受けるお友達との関係性を、親がよく判断してあげることが大事かもしれませんね。

5:先生との付き合い方

私もそれほど経験を踏んでいるわけではありませんが、外国人の先生は、比較的サバサバ・ビジネス的な感覚が強いと思います。そのため長く・親しく・お互いに気持ちよく過ごすには、先生にとっても「飽きない・疲れすぎない」という環境を整えてあげるのが重要な気がします。
私は先生と楽しく過ごせるように、レッスン以外の雑談も意識的に多く時間を作りました。おやつタイムは親も一緒に食べながら、先生とテーブルを囲みます。あるいは、多少ストレスのかかる内容でも文句のつけようのない報酬(レッスン料)を準備するか・・・(笑)

6:自然な英語とは・・・

家庭教師での長時間レッスンに期待した思いとしては、「自然な会話でのやりとり」を重視していました。やはり「自然な会話」は、与えられたプログラムやレッスンの中ではなく、「自然な生活」の中にあるような気がします。
先週こんなことがあったよ、のど乾いた~、おやつ頂きま~す、牛乳こぼした!、お制作が上手にできない、外遊びでコケた痛い、今日はもう疲れた、おトイレもじもじ・・・などなど。
1回1時間のグループレッスンではなかなか実現難しいシチュエーションを家庭教師ならば作る事ができ、自然な英語に触れることができたかな、と思います。子供にとっても、英語は勉強ではなく、生活の一部という感覚になってくれたかなと思います。

7:アクティビティについて

先生と相談した際の資料はこんな感じでした。こんな事ができたらいいね。という相談シートです。私の拙い英語表現でも先生は一生懸命相談に応じて下さり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

f:id:fumimi-mi:20190515234148j:plain

Activity Ideas
お制作アクティビティについては、Pinterest(ピンタレスト)というキュレーションサイトがとても便利で活用しました。KIDS/craftと検索すると簡単な工作アイデアが山ほど出てきますので、英語レッスンとは別の観点でもとても楽しいですよ。
また、よくフライングタイガーの小物を使いました。季節ものや子供が短時間で遊ぶのにちょうど良いクラフトセットなどもあって、大変重宝しました。材料を揃えるのは結構手間ですし、なにより安いので助かります。

8:親が英語の会話に介入する場面について

基本的には先生と子供だけでの英語漬けにしたいところですが、やはり自宅学習で相手も子供ということもありますので、親も少し間に入る必要がありました。具体的には
 
【ウォーミングアップ中】
  • 必要な事務的な連絡事項は親が会話。
  • 子供と先生の会話には基本的には口を挟みません。
  • ボディランゲージや、絵を描いたりしても、どうしても通じない時があり、先生も子供もストレスになってしまうので、その時だけは助けます。
【レッスン中】
  • 基本的には先生にお任せ。親は別部屋でのんびりコーヒータイム。

【アクティビティ中】

  • 基本的には先生にお任せですが、内容により親も一緒にやります。でも基本的には会話には介在しないように心がけました。

【おやつタイム中】

  • この時間だけは親も積極的に先生と会話しました。

  • 先生もハイテンションをキープするには多少疲れが出ますので、リラックスしてもらうためにも。

  • 大人同士が英語で会話しているところを子供に見せる意図も。子供がどのように感じるかは未知数ですが、「なにか、スゲー英語喋ってるわ・・・」とか「先生もママもエラい笑ってるけど、何の話だ?!」とか、興味をもって聞いてくれたらいいな、と。といった感じです。

9:まとめ

アタシ自身が英語家庭教師をアレンジして子供の英語教育を経験して強く思ったのは、マンツーマンの家庭教師で得られるのは生活の中に自然に存在する英語だと感じました。特に学校の英語や、英会話スクールのテキストには出てこないような 「あいづち」や「とっさの感情表現」や「音の表現」など、です。(当然ながら英語にも方言や個人のクセがあるとは思いますが。。。)
そのために先生ともよくコミュニケーションを図り、お互いにストレスが溜まらないように快適なプログラムを構成する事が大事かと思います。今回記事にまとめたのはあくまで一例ではありますが、ご参考になればと思います。

10:謝辞

今回、当ブログの記事にご質問いただき、アタシも「どうしてこのようなプログラムにしたんだっけな」と振り返る事ができました。大変嬉しかったですし、改めて考えるいいキッカケになりました。ありがとうございました。
ご質問いただいた方もお子様の英語教育に大変熱心に取り組まれている方です。無理やり子供に英語を押し付けるのではなく、生活の中で自然に身につけられるように試行錯誤されておられます。大変参考になりましたので、リンク貼らせていただきます。

blog.tatuko.com

auキッズ携帯:mamorino3新規契約できるか?

1:mamorinoシリーズ

au(KDDI)が発売しているキッズ携帯(ジュニアケータイ・キッズスマホ)にmamonrino(マモリーノ)シリーズがあります。本記事の執筆時点での最新機種はmamorino5という機種で、一つ前の機種mamorino4と共に店頭に並んでいます。しかし、携帯・スマホの市場では常識的に「型落ち機種は安く買える」という傾向があり、今回、もう一つ前の型であるmamorino3で新規契約できるか確認しましたので簡単ですがレポートです。
新学期を迎え、そろそろ子供にも携帯を持たせることを検討されている方の参考になればと思います。

f:id:fumimi-mi:20190413233658j:plain

2:価格帯

mamorinoに限らずキャリア携帯で発生する費用は、端末代と手数料と月額利用料で構成されています。先ず端末代については入手方法によって価格設定に差はあるのですが、だいたいの目安として

  • mamorino5(最新機種)は16,000円位。
  • mamorino4は10,000円位。(2019年4月上旬は16,000円位。)
  • mamorino3は2,000円位。

ただし、mamorino3は既に店頭では手に入りません。ネットオークションやジモティなど個人出品者から購入となります。

手数料については、どの機種であっても新規に回線開通させるには3,000円かかります。また、月額利用料は(各種オプションサービスを除けば)約500円です。

3:白ロム端末について

正規にauから購入したもので、機種変更などでsimカードが抜かれている状態で「白ロム」として流通しています。白ロム端末をauショップに持ち込んで、simカードを購入し、開通手続きを行うことになります。上記、mamorino3を個人出品者から入手する場合は、この「白ロム」を購入することになります。

尚、mamorinoシリーズはsimロック解除はできない仕様になっているようですので、いわゆる格安SIMなどを挿入して利用することはできないようです。

4:mamorino3(白ロム)で新規契約できるかauショップに聞いてみました。

auショップにmamorino3端末を持ち込みで新規回線開通できるかストレートに聞いてみました。その回答は以下の通り。

mamorino3は3G回線の端末です。3G回線のsimカードの在庫はありますが、3G回線の新規契約は既に停止しており、全国どこのauショップや量販店でも受付はできません。既に他の端末で携帯番号を有していて、機種変更先がmamorino3であれば対応はできますが、新規に携帯番号を取得することはできません。在庫の3G回線のsimカードは、あくまで故障対応などの為の在庫という位置づけです。

また、3G回線自体が2022年3月で終了する事が公式に発表されており、auとしては完全に収束方向とされていますね。

契約 | サポート情報(重要事項説明) | au

尚、auショップによっては、上記の情報をよく理解していない店員さんも居るようなので、注意が必要です。アタシが最初に問合せをした他のauショップの店員さんからは「3G用のsimカードの在庫がなく、発注・入荷に約1か月かかります。入荷すれば開通可能です。開通しても3G回線は1年後(2020年3月)には使えなくなるので、最新機種でのご契約の方がお勧めです。」と、ちょっとズレている(事実と異なる)説明を受けました。ホームページ等でキチンと事実・ソースを確認しておくことが大事ですね

5:まとめ

ネットの個人出品でmamorino3は多数出品されており、非常に安価に入手できますが、新規の回線契約はできません。ただし、元々au回線契約があり機種変更としてmamorino3に切り替えたい場合は対応可能なようですが、それでも2022年3月には回線が停止します。