ふぁんみーみLIFE

諸事情ありブログ名を少しだけ変更しました。子供中心の生活の中の工夫や経験の備忘録。子供・工作・お出掛け・ガジェットレポートなど。

J:COMとレコーダーの同時録画機能について

ケーブルテレビ(JCOM)の番組は、市販のブルーレイレコーダーの同時録画機能で、同時録画できるのか?について、調べてみました。ネットで調べてもイマイチ理解できず、JCOMのスタッフさんや街の電気屋さんにも、いろいろな人に聞きまくりました。ただ、質問はシンプルなのですが、解説はとても難しいらしく、ようやく理解できたのはYカメラの店員さん(JCOMスタッフではなく、Yカメラの社員さん)の解説でした。とても参考になりましたので備忘録としてまとめておきます。

1:経緯

かなり以前からJCOMを利用しており、HDRと呼ばれる「DVD機能付きのセットトップボックス(STB)」を使っています。DVD機能を追加すると月額にオプション費用が加算されるので、長期間使っているとそれなりのお値段になってきました。そこで、市販されているブルーレイレコーダーを購入して、DVD機能の月額オプション費用は無しにできないかな~と検討することにしました。

一方、電気屋さんでみるブルーレイレコーダーは、かなりの数の同時録画ができるようなのですが、果たしてJCOMのSTBで受信できる番組をどれだけ同時録画できるのか・・・?いろいろとパンフレット類を集めて見ても、方式や規格は書いてあるものの、サッパリ理解ができず「結局、何ch録画できるの?」が判りませんでした。

いろいろな方に質問責めをさせて頂き、最終的には上述の通り、Yカメラの店員さんが詳しく教えてくれました。

2:機器構成(1)

f:id:fumimi-mi:20190121154802j:plain

  • 我が家の現状の機器構成です。
  • JCOMのSTBとHDDとDVDが一体になっているものです。
  • これでJCOMで受信している番組を2番組は同時にHDD録画することができています。
  • HDDに録画した番組はDVDに移動させることができます。(たま~にエラーが発生し、移動失敗・録画消滅することがあります。)
  • 最大の特徴はDVD機能を付けると、月額料金にオプション費用が加算されること。
  • 2018年現在、DVD(あるいはブルーレイ)一体型のSTBは提供されなくなっているそうです。STBとDVD一体型の機種を作ってくれるメーカーがいなくなっちゃったんだそうです。

3:機器構成(2)

f:id:fumimi-mi:20190121154856j:plain

機器構成(2)
  • ブルーレイレコーダーを使って、JCOMのSTBからの番組を録画するパターンです。
  • JCOMのSTBで受信しているBS・CSの録画は1chのみ可能なようです。
  • 地デジは、ブルーレイレコーダーの地デジチューナーの数だけ同時録画可能です。
  • 放送番組は基本的にはブルーレイレコーダを介さずに、STBとTV直結で視聴します。
  • 録画番組はブルーレイレコーダーとTV直結で視聴します。
  • 録画番組のブルーレイへの移動は、比較的確実にできるようです。

4:機器構成(3)

f:id:fumimi-mi:20190121155043j:plain

機器構成(3)
  • JCOMのHDD付きSTBまた外付HDDを設置するパターンです。
  • BS・CSはSTB外付けHDDに2ch同時録画可能です。
  • ブルーレイレコーダにはBS・CSは1chのみ録画可能なようです。
  • 地デジは、ブルーレイレコーダーの地デジチューナーの数だけ同時録画可能です。
  • 放送番組は基本的にはブルーレイレコーダを介さずに、STBとTV直結で視聴します。
  • 録画番組はSTBのHDDならばSTB経路で視聴します。ブルーレイレコーダの記録ならばブルーレイレコーダから視聴します。
  • STBのHDDに記録した番組をブルーレイレコーダーに移動する際には、結構な頻度でエラーが発生するそうです。メーカー・機種の相性もあり、JCOM側でも検証したレコーダーを推奨しているようです。

5:機器間のケーブルについて

機器構成(3)の場合の各機器間のケーブルについては下図のような形になるそうです。

f:id:fumimi-mi:20190124184227p:plain

  1. BS・CS・地デジをSTBから再生するためのルート
  2. レコーダ内の番組を再生するためのルート
  3. BS・CS放送番組(デジタルデータ)をダウンロードするためのルート(DLNA認証というものだそうです)
  4. 地デジをレコーダーで録画するためのルート(パススルーというそうです。レコーダー側にあるチューナの数だけ録画可能。)
  5. STBで受信している番組を録画するためのルート

6:まとめ

  • ブルーレイレコーダーが「〇番組同時録画」機能があっても、それはBS・CSを直接契約・受信した場合の話。
  • JCOMのSTBでBS・CSを受信している場合は、ブルーレイレコーダーの「〇番組同時録画」機能はあまり活かせない。
  • 外付けHDD増設など装置を増やすとデータの移動(HDD⇒ブルーレイ作成)の際のエラー発生率が高くなる。
  • もしブルーレイレコーダを採用するのであれば、同時録画機能の数がオーバースペックにならないように注意。
  • 同時録画をたくさんしたいのであれば、BS・CSをJCOM経由ではなく、個別に契約して受信した方が良さそう。

といった感じです。上記、2018年に、JCOMスタッフさんや、街の電気屋さんをいろいろと聞きまわった情報です。日々の技術進歩で克服済の部分などあるかもしれません。もし、本記事について、専門の方からみて技術的な誤解や補足がありましたら是非教えてください。

子連れで富士すばるランド

秋の連休に家族で富士すばるランドに行ってきたので簡単ですがレポートです。秋の3連休に行ってきたので気温も天気もとても快適で非常に楽しく過ごすことができました。アスレチック等の遊具や犬とのふれあい体験等、丸一日楽しむことができるスポットです。

1:アクセス

車でのアクセスも便利な立地にあります。中央自動車道の河口湖インターを下りて10分くらいです。富士スバルラインに向けて林間を走行すると間もなく到着します。3連休の中日でしたので、道路の混雑も予想していったのですが、少し早めに出発することで渋滞もなく到着しました。八王子JCTから相模湖IC付近を7時には通過してしまうくらいの時間で行きました。談合坂SAで朝食兼ねて時間調整。
電車ですと、河口湖駅からバスで15分くらいでアクセスできます。

2:開園時間と駐車場

開園は朝9:30でした。9:30ピッタリにチケット売り場がオープンします。9:15~9:20頃から数人待機列ができ、9:30のオープン時には15家族くらいの列になっていました。それでもそれほど時間はかからずに入場できます。だいたい木曜日が定休日になっているようです。
駐車場は開園前から入場可能です。アタシが到着した9:00くらいには入場口付近に数台だけ止まっている感じでした。(この日は団体のイベントがあったようで、ほとんどその関係者のようでした。団体イベントは、9:30を待たずに、イベント会場まで一足先に入場できるようです。)

f:id:fumimi-mi:20181127152750p:plain

3:トイレ

園内各所にトイレは多数ありますので、長時間待つことはなく快適に利用できます。また開園前にも入場門近くにいるスタッフさんに声を掛ければ、園内のトイレも貸してもらえるので、駐車場での開園待ちの時間にも安心して待機できます。個室は公園サイズ(ちょっと小さめ)なので、親子で入室するときにはちょっと手狭な感じはします。

4:対象年齢

園内の各種遊具・アトラクションは、「4歳から」というものが多く、中には「小学生以上」「体重30kg以上」というものもあります。保護者同伴でも3歳以下は遊べるものが少なくなってしまうので、やはり4歳~小学生中学年あたりがメインターゲットかと思います。

5:入園料

入園料は4月~11月で大人1,500円、4歳~小学生900円です。12月~3月は少し安くなります。また、遊具やアトラクションは、都度利用ごとに500円前後必要です。
ここでは1日フリーパス(大人3,500円、小人2,900円)を強く推奨します。遊具やアトラクションは、子供にとってはとても楽しいものになっています。且つ、1回あたりの遊びのボリュームが割と少な目なので、ほぼ間違いなく「もう一回やる!!もう一回遊ぶ!!」となると思います。また、同伴の保護者も都度お金が掛かりますので、フリーパスを持って、気兼ねなく遊べる方が快適に過ごせると思います。
実際にウチの子供もカードがもらえる迷路にハマり(5回以上)、また保護者同伴でバギー体験にもハマり(3回)、これだけでもフリーパスの元はとった感じです。
富士すばるランドの公式WEBに割引チケットがあるので、フリーパスなら1人200円割引されます。

6:食事

園内にレストランがあります。さすがにお昼時の12時~13時頃は多少混雑します。メニューはカレーやうどんからスナック類まで、スキー場のレストハウスのイメージです。アタシは折角なので、地場の「吉田うどん」を頂くことにしました。外でバーベキューを楽しむことができるセットも注文可能なようです。

7:ドギーランド(犬とのふれあい、レンタル犬でお散歩体験)

園内の真ん中あたりにある「ふれあいハウス」に行くと、テントの中で犬との触れ合いが可能です。

f:id:fumimi-mi:20181127153137p:plain

犬も個性や気分がありますが、概ね人懐っこくて可愛く一緒にじゃれ合ってくれます。また、同じハウス内で「レンタル」も可能で、園内を犬と一緒にお散歩が可能です。フリーパスとは別途料金になるので、20分500円+おやつ100円が必要です。1回あたりは20分で延長はできません。犬によって性格も異なりますので、リードを持てるのは大人のみという子もいます。もちろん、子供も一緒にリードを持たせてもらえる子もいます。

8:遊具・アトラクション

園内には遊具やアトラクションが多数あります。
  • ジャンボ滑り台

    f:id:fumimi-mi:20181127153221p:plain

  • どんぐりコース(簡単なアスレチック)

    f:id:fumimi-mi:20181127153229p:plain

    f:id:fumimi-mi:20181127153236p:plain

  • 立体迷路(大人同伴でもゴールまで20分くらいかかりました。)

    f:id:fumimi-mi:20181127153248p:plain

  • バギー運転体験

    f:id:fumimi-mi:20181127153258p:plain

他にもゴールするとカードがもらえる迷路や、SL・トロッコ乗車、パターゴルフ、トランポリン、アスレチックフィールド等があります。どれも子供中心に楽しめる内容になっていて、遊び終わると「もう1回やりたい」の繰り返しになります。(空いていれば、連続して遊ぶこともできます。)

9:帰り道

夕方の帰り道で吉田うどんを頂いて帰りたくて、河口湖IC付近のお店を数店訪問したのですが、どこも麺が品切れで営業終了でした。さすがに連休中は日中に売り切れてしまうんですね。また近辺には少し足を延ばせば日帰りの温泉施設もありますので、余裕があれば寄り道してゆったりしてから帰るのも良いかもしれません。
帰り道(河口湖ICから中央道上り)はさすがに大渋滞になりました。トータル35kmくらいの渋滞。途中で渋滞突入する前からPA・SAなどでコマメにトイレ休憩を取りながら、ノンビリと帰宅しました。

10:まとめ

3連休の中日でしたので、大変な混雑を覚悟していきましたが、帰りの道路以外は非常に快適でした。園内の遊具やアトラクションも、あまり待つことなく、スムースに遊ぶことができました。ホームページなどを見る範囲では、遊びの種類が少なかったり、すぐに飽きてしまうかも、と思っていましたが、子供達はお気に入りの遊びを何度も繰り返すんですね。思う存分体を動かして、ヘトヘトになるまで、丸一日遊ぶことができました。(それでもスタッフさんは「今日はかなり混んでるねぇ」と仰っていたので、普段はもっと空いているようです。)
 
都内からも道路渋滞さえ回避できれば快適なアクセス圏内なので、気軽な子連れ遠足としてオススメです。

偏光板とセロテープでステンドグラスアート。

偏光板とセロテープを使った子供の工作でステンドグラスアートのご紹介です。簡単にキレイな色の変化を見ることができるので、子供と一緒のクラフト遊びにオススメです。夏休み時期であれば、自由工作の作品としても良いかも、です。

材料

  • 偏光板 2枚:ネット等でも簡単に入手できます。
  • シャーレ(フタつき):100均等でも似たようなものは手に入ります。
  • プラ板:100均で手に入るもので十分です。
  • セロテープ
  • マスキングテープ
  • マジックペンカッター、ハサミ

ベースを作る。

シャーレの台とフタにそれぞれ偏光板を貼り付け、簡単にデコレートします。
  • 偏光板の4隅をシャーレの内側にセロテープで貼り付ける。
  • 貼り付けた偏光板に沿って、シャーレの外側にマスキングテープで飾り付け。
  • シャーレの側面にもマスキングテープを付けるとさらにかわいい。
これでベースは完成です。

f:id:fumimi-mi:20181121113606j:plain

この段階でも、シャーレのフタをして、照明に向けてフタをくるくる回すと、偏光板が明るくなったり暗くなったりといった変化が確認できます。

ステンドグラス(まずは練習)を作る。

プラ板にセロテープをランダムに重ね貼りして、ステンドグラスっぽく見える事を体験します。
  • プラ板を偏光板と同じくらいの大きさにカットします。
  • カットしたプラ板にセロテープをランダムに重ね貼りします。
  これでステンドグラスの準備は完成です。次に
  • 作成したプラ板をシャーレの中に入れます。

    f:id:fumimi-mi:20181121113652j:plain

  • プラバンの2辺くらいマスキングテープで仮留めします。
  • シャーレのフタを閉めます。
  • 照明を覗くと・・・

    f:id:fumimi-mi:20181121113712j:plain

  • ステンドグラス(っぽい)カラフルな絵が見えます。

ステンドグラスアートを作る

同じ原理で、プラ板に絵を描いてからセロテープをランダムに貼ることで、キレイなステンドグラスアートも作ることができます。セロテープの貼り方を細かく計算すれば、アーティスティックに仕上げることもできると思いますが、先ずは子供の工作という事で自由に作ります。
  1. プラ板に好きな絵を描きます。

    f:id:fumimi-mi:20181121113755j:plain

  2. セロテープを重ね貼りします。

    f:id:fumimi-mi:20181121113808j:plain

  3. 絵の輪郭に沿ってカッターでカットします。

    f:id:fumimi-mi:20181121113818j:plain

  4. 絵の外側のセロテープは取り除きます。

    f:id:fumimi-mi:20181121113827j:plain

  5. プラ板をシャーレに入れます。(テープで仮留め)

    f:id:fumimi-mi:20181121113838j:plain

  6. シャーレのフタをします。

    f:id:fumimi-mi:20181121113851j:plain

  7. 照明を覗くと・・・。

    f:id:fumimi-mi:20181121113903j:plain

作品例

少しサンプルとして子供が作った作品です。f:id:fumimi-mi:20181121113926j:plain
また、プラ板と一緒にペットボトルの切れ端など異物を一緒に入れてみると、波状模様がついたりしてもします。

f:id:fumimi-mi:20181121114010j:plain

いろいろな工夫で遊び方が広がっていく楽しみもあります。

まとめ

小学生以上であれば一人でも十分に楽しめる工作です。ハサミやカッターも使うので、小学生未満だと少し心配ですが、大人も楽しめる簡単工作ですので一緒に遊んでも良いかもしれません。セロテープの重ね貼りをするとどのような色が出るか、試行錯誤しながらいろいろな絵を作ってみると楽しいかと思います。
理科的な解説としては「2枚の偏光板の重なる角度により、ある特定方向の光の波だけが目に届く」「セロテープの持つ特殊な屈折率」の合わせ技でこのような面白い現象が出るようです。