ふみみーみLIFE

子供中心の生活の中の工夫や経験の備忘録。子供・工作・お出掛け・ガジェットレポートなど。

アレクサ・eRemote miniでテレビ、照明、オーディオコンポを声で操作する

Amazon Echo(Alexa:アレクサ)で家電を操作できるように、前の記事の通り、苦労の末、eRemote miniの初期設定を終えました。いよいよアレクサで家電の操作をしてみようかな、と設定開始。

とりあえず、現時点でサポートしている家電としては、「照明」「テレビ」「エアコン」に限られる(2018年5月現在、アレクサのスキルやeRemote miniのWEBサイトに記載)とのこと。まぁ、それでも十分。

eRemote miniとアレクサの連携はマニュアル通り(eRemoteでリモコン記憶⇒家電名を登録⇒アレクサで検出)問題なくできたので、ここでは詳細は割愛します。

テレビの設定

ガイドに従って設定。とりあえずON/OFFのみだけど、動作も問題なしeRemote miniをテレビの真裏に置いても、テレビ反応OK。

  • 『アレクサ~テレビつけて』『はい』⇒テレビON!
  • 『アレクサ~テレビ消して』『はい』⇒テレビOFF!

うん、サイコーです。一方、少しだけ不安もありました。声で操作できるので、子供が勝手にいろいろ操作してしまうんじゃないかと。特に、テレビ大好きな子供が勝手につけることを恐れていました。

しかし、全くの逆の素晴らしい効果が出てきました、。今まで、テレビの時間を決めて、番組の終わりや、決めた時間になったら、テレビを消す約束にしていますが、子供ってなかなかテレビ消せない。「もう少しだけ~」「あと一つだけ~」「あと5分だけ~」って。

アレクサで操作できるようになってから、これが全く無くなりました。子供はとにかく『アレクサ~テレビけちて~』って言いたい。アレクサが言う事聞いて、テレビ消してくれると、とにかく「嬉しい」。子供にとっては「命令して言う事聞いてくれる」という体験はあまり多くないでしょうから、小さな優越感?もあるのかも。

新しいことを始めるには、いろいろな不安やリスクばかり考えてしまいますが、期待していない・予想できないような効果も生まれることがあるもんです。

照明の設定

これもガイドに従って設定。照明はON/OFF。明るく/暗く。を登録できました。「明るく」は照明リモコンの昼光色を設定。「暗く」は照明リモコンの電球色を設定。

  • 『アレクサ~でんきつけて』『・・・』
  • 『アレクサーでんきつけて』『すいません、わかりません』

なんと。eRemote miniの公式WEBサイトにも掲載されている設定なのに。また、アタシの滑舌の問題かしら・・・と疑って、デバイス名(家電登録時につける名前)を『ライト』に変更してみました。

  • 『アレクサ~ライトつけて!』『はい』⇒照明ON
  • 『アレクサーライト明るくして!』『はい』⇒昼光色
  • 『アレクサーライト暗くして』『はい』⇒電球色
  • 『アレクサ・・・ライトけして・・・』『はい』⇒消灯

・・・やはりアタシの滑舌が悪いってことかい。いや、もしかしたら、「でんき」ってワードは汎用性が高すぎて、家電制御には向かないだけかも。アレクサはAIだから、その辺は気を遣ってるんだろう、たぶん。

アレクサのおかげで、外出するときに玄関で「あ、部屋の照明を消し忘れてた」と気が付いたら、大きめの声で「アレクサー!!ライトけしておいてー!!」と言えば、照明消してくれます。

エアコンの設定

気を取り直して、エアコンの設定。ガイドに従って、リモコン操作・・・反応しない・・・。いくらやっても反応しない・・・。あ!!しまった!!ウチのエアコンのリモコンは赤外線式じゃなかった!!いわゆる通信式(リモコンをエアコンに向けなくても操作できるやつ)。

エアコンの制御はいったん諦めます。エアコンの更新の際には家電IoT化を意識して選定することにします。

CDコンポの設定!!サポート対象外だけど、遊んでみよう。

照明の登録の手順から、CDコンポのリモコンを登録!登録名を「コンポ」にしてみた。eRemoteとアレクサは「コンポ」という名前の照明と思い込んでいるに違いない。くけけけ。

  • 『アレクサ!コンポつけて!!』『はい』⇒コンポ電源ON

・・・・できた。サポート対象外だけど。もしかして、赤外線リモコンで操作する家電ならば、なんでも登録できるっぽい・・・。というわけで、家にある様々な赤外線リモコンをアレクサにひたすら覚えこませる作業に突入。

反応の悪いデバイス名

その過程で、上記の「でんき」のようにアレクサの反応が悪いワードがいくつかあったのでメモしておきます。

  • でんき・・・汎用性が高くて誤作動を招くから?
  • CD・・・Amazonショッピングと混同するから?
  • らじお・・・アレクサの「radiko」が起動してしまう。
  • J-wave・・・アレクサ自身が「J-wave」を流してしまう。
  • ジョン・・・毎回「どの端末ですか?」と聞き返されて恥ずかしい。
  • かびら・・・毎回「カメラ」と聞き間違えられる。

というわけで、試行錯誤しながら、我が家の家電達にはいろいろな名前がつけられることになりました。

定型アクションで操作を組合せる。

朝起きて「アレクサ、おはよう」と声を掛けると、自動で、部屋の照明を点けて、コンポのラジオをONしてくれるように設定。これは毎日使ってます。アレクサの「定型アクション」機能を活用しています。定型アクションはアレクサアプリから設定できますので、キーワードと何を実行するかを複数組み合わせて設定できます。

f:id:fumimi-mi:20181004140613p:plain

f:id:fumimi-mi:20181004140622p:plain

スマホからeRemote miniのアプリ(eHome)で家電操作

eRemote miniはアレクサ連携が非常に有効ですが、単体でも家電操作ができます。スマホにeHomeという専用アプリを導入すれば、アプリ上から登録した赤外線信号を発信する指示を送れます。外出先からもアプリ経由で家電操作ができるので、猛暑の外出先から帰宅する15分前くらいに、携帯から指示して冷房ONさせる事が実現可能。。。我が家のエアコンは赤外線リモコンではなかったので、残念ながら現時点ではこの使い方はできませんが。

まとめ

eRemote miniの導入でアレクサで家電操作が簡単にできるようになりました。これからの「アレクサ対応」とのウリ文句の家電がどんどん増えてきそうな気がします。標準品に比較してちょっと高めの設定で。しかし、「アレクサ対応でなくても」赤外線リモコンで操作できる家電であればアレクサで操作ができそうです。かしこくリーズナブルな家電選定にも一役かってくれそうです。ありがたや。

Amazon Echo(Alexa:アレクサ)に関する記事は↓こちら↓にまとめていますのでご参考になる記事があれば幸いです。

 

www.fumimi-mi.love