ふみみーみLIFE

子供中心の生活の中の工夫や経験の備忘録。子供・工作・お出掛け・ガジェットレポートなど。

アレクサでtileスキルを使う

tileアプリで行方不明のiPhoneを見つけられるようになりました。物をよく無くす(置いた場所をすぐに忘れる)家族がおりまして、さらに、我が家には宝探し(宝隠し)ゲームが大好きな子供がおりまして、「iPhoneどこいった~??」という捜索活動が月に一回くらい行われてます。

そんなとき、誰でもやると思いますが、他の電話から呼び出します。でもほとんど、マナーモード設定なので、微かなヴヴヴヴ音を全身アンテナにして探します。(子供が話しかけても「いま静かにして!!」ってお願いして。)

そんなアナログなのかデジタルなのか微妙な探し方は、Amazon Echo(Alexa:アレクサ)の登場で過去のものにありました。

アタシが導入したのが「tile」というアプリ・スキルです。

メールアドレスをログイン情報として登録することで、共通のログイン情報を有している端末をお互いに捜索できるもの。端末の場所の検出(位置情報ONが必要ですが)と呼び出し(強制的に音を鳴らす)ができる。この機能の延長でアレクサからも呼び出しが可能です。

  • 「アレクサ~tileでアイフォン鳴らして~」と声を掛けると、登録したiPhoneが鳴動(マナーモードでも強制的に音が出ます。)

もちろん、複数のスマホも登録可能で「アレクサ~tileでエクスぺリア鳴らして~」と声を掛けると、登録したXPERIAが鳴動。

f:id:fumimi-mi:20181001100436p:plain

とりあえず、アプリを入れて、初回登録の時だけはbluetoothと位置情報はONにしないと上手く機能しないみたいですが、登録完了すればbluetoothも位置情報もOFFにしても、ちゃんと動作しました。位置情報をONにし続けると、バッテリー消耗が早いので、基本的にはOFFにしてます。(登録している他の端末から、自分の居場所が判ってしまうので少し気持ち悪い、という側面もあり・・・)

また、アプリをインストールできないけど、スマホのようによく無くす、探したいもの(たとえば鍵とかパスケースとか)に「tile」というネームタグ的なものをつければ、スマホと同じように位置検出・捜索できるようです。

※蛇足ですが、「tile」より以前から、「Tracker(トラッカール)」というスキルとアプリがあって、これに登録するとアレクサ経由で強制的にiPhoneの音を鳴らしてくれるんですが、とにかく反応が悪い。iPhone側も位置情報を常にONしておかないと、まず見つけてくれない。見つかっても何故か音を発してくれない。(アプリの問題?)というわけで、トラッカールは敢え無く削除となりました。

Amazon Echo(Alexa:アレクサ)に関する記事は↓こちら↓にまとめていますのでご参考になる記事があれば幸いです。

 

www.fumimi-mi.love