ふみみーみLIFE

子供中心の生活の中の工夫や経験の備忘録。子供・工作・お出掛け・ガジェットレポートなど。

子連れで北海道・旭川:旭山動物園

たいぶ前になりますが、家族旅行で旭山動物園に行ってきました。簡単なレポートです。先日の北海道地震で観光客の足が遠のいてしまっているとのこと。北海道ガンバレ!という思いも込めて・・・(滞在時間短かかったので、内容薄いですがご容赦ください)

f:id:fumimi-mi:20180902204216p:plain

1:アクセス・駐車場

旭川空港からレンタカー20分くらい。途中の道路も混雑することなく快適にアクセス可能です。正門や東門近くにある動物園の駐車場は無料です。

駐車場については、トリックが潜んでいますので初めての訪問時には注意が必要です。動物園に近づくと、「正門駐車場は満車 正門まで50秒 臨時駐車場」との案内係さんが誘導してくれます。

が、「満車」は大ウソです!!臨時駐車場(民間運営?)は駐車料金(1回500円くらい)取られます。無料駐車場がガラガラ空車の時でも、有料駐車場に誘導されてしまうので引っ掛からないように要注意です。 

2:開園時間・料金

開園時間は時期にもよりますが、夏は9時半、冬は10時半。夏休み期間は夜動物園も開園していますので、具体的な日付・スケジュールは公式サイトで事前チェックです。

中学生以下は無料です。大人(高校生以上)は820円です。市民割引や1泊2日券など1年間有効のパスポートなどもあります。

3:混雑具合

旭山動物園は一時期の大ブームで大変混雑していましたが、最近は少し落ち着いて、混雑度合は少し軽減されたような気がします。それでも、まだまだ人気の観光スポットですので団体旅行の大型バスなど、たくさんの方が来場されます。

旭川はもちろん、札幌からも日帰りアクセス圏内なので、特に休日の11時以降は混雑しているなぁという印象になるかと思います。

旭山動物園は、動物の見せ方・距離が一般的な動物園よりも工夫されています。至近距離で見たり、動物たちの面白い動きを観察することができます。できれば最前列でゆったりじっくり観察したいところです。やはり開園と同時の朝の時間がお勧めですね。

4:気温とドリンク

今回、7月末に訪問しましたが、朝11時くらいに既に30度。お昼過ぎには33度。山裾のひらけた動物園なので日陰も少なく暑さには注意です。動物園のベテランスタッフさんに聞いたところ、ここ5年くらいで急激に夏の気温が上昇しているらしいです。「避暑地の」動物園という感覚は捨てた方が良いかもしれないですね。ドリンクの自販機は定価販売しているので、安心して水分補給は可能です。

4:お土産屋さん

公園内にお土産屋さんがいくつかありますが、アザラシ館の近くのお土産屋さんは立地的に目立つ上、店舗が狭く、非常に混みあいます。山頂レストランにあるお土産屋さん、あるいは正門付近にあるお土産屋さんは比較的空いていますので、特に子連れの場合は、人混みに紛れやすく、はぐれやすいので空いている店舗がおススメです。

5:イベントスケジュールとコース

入園すると↓掲示板↓があり、いろいろなイベントスケジュールがありますので時間をチェックして、計画的に回る必要があります。 

f:id:fumimi-mi:20180902204447j:plain

旭山動物園は、文字通り「山」なのでコースの計画を誤ると山登り、山下りを繰り返すことになりますので、よ~く考えるのが大事です。どうしても観たいものを優先して決めて、後は、観れなくても仕方ない、くらいの割り切りが必要かも。

それでも子供の希望に振り回されるんですけどね。

  • 「ハムスター抱っこしたい!(山登り)」
  • 「キリンみたい!(山下り)」
  • 「オランウータンみたい!(山登り)」
  • 「アザラシみたい!(山下り)」
  • 「カピバラみたい!(山登り)」
  • 「白熊(ホッキョクグマ)みたい!(山下り)」
  • 「もう帰ろうか・・・(大人の気持ち)」

6:まとめ

動物の見せ方、近さなど、子供にとっては驚きの連続でとても楽しい動物園です。とはいえ、やはり観光地ですので、上手に快適に過ごせるようにしたいですね。

今回の訪問は、暑さにやられて滞在時間も短く、園内で食事はしませんでした。子連れレポートなのに、記事書けずすいません。