ふみみーみLIFE

子供中心の生活の中の工夫や経験の備忘録。子供・工作・お出掛け・ガジェットレポートなど。

子連れで小淵沢:シャトレーゼ工場見学

冬の週末に子連れで小淵沢にドライブ小旅行をしました。一番の目的は「シャトレーゼ工場見学」です。シャトレーゼは

こだわりの素材を使った、季節のスイーツやケーキ、シュークリームなどのお菓子を販売。(公式サイトより)

というお店。最近近所の店舗が閉店してしまったので、ちょっと寂しい思いから、工場見学行きたい(お菓子が食べたい)という話になったものです。

1:アクセス

車だと小淵沢ICから約15分。須玉ICから約25分の場所にあります。国道20号線から少しだけ山の方に入っていた森の中にあります。工場までのアクセス中の景色からして水がキレイそうなイメージが漂います。

電車だとJR中央線小淵沢駅からタクシーで約20分程度とのこと。ただし、工場の門から工場までかなり距離もあるので、徒歩での入場はできないとのこと。 タクシーで門から工場内まで入場してもらう必要があります。

2:予約・料金

工場見学自体の料金は無料です。ただし帰り際に工場内のショップでどうしてもお菓子を買いたくなるので、その分の費用は当然ながら必要です。

個人での見学であれば公式ホームページで簡単に予約可能です。20名以上の団体の場合は電話で予約相談となるようです。見学可能な時間は9:00~16:00で最終入場は15:00。工場休業日は見学予約ができません。休業日は公式では「不定期」とされていますが、基本的に水曜日が休みが多いようです。

3:見学受付

受付自体はありません。工場の入場門で守衛さんに予約の確認をしたら、勝手に工場内へ進入します。工場内の駐車場に適当に駐車して、工場の入り口へ。

f:id:fumimi-mi:20190124192613p:plain

入り口にはショップがあり、中に入ります。ショップの横に2階に上る階段があり、スリッパに履き替えて工場見学スタートです。

f:id:fumimi-mi:20190124192633p:plain

4:見学概要

説明の係員さんはいません。各自見学ルートを自由に歩き回り、約1時間で終わります。順路もありますが、製造工場をグルーっと一周回る感じです。

f:id:fumimi-mi:20190124192646p:plain

5:アイス食べ放題!!

見学コースの終盤に製造ラインをガラス越しに見渡せるエリアがあります。そこには昔ながらアイスケースが多数ならんでおり、そこにあるアイスが食べ放題です!!真冬の訪問ですが、子供達と共に体が冷え切るまでアイスを賞味。南アルプスのキレイなお水は頂くことができますが、残念ながら御白湯はありません(笑)

f:id:fumimi-mi:20190124192703p:plain

アタシが訪問した時には、ソーダアイス、コーンアイス、チョコバッキー(バリバリチョコアイス)、八ヶ岳牛乳バー、十勝あずきバー、十勝あずきとミルクの饅頭バー、もち入り北海道ぜんざいアイスがありました。(当然、全種類いただきました!!)

見学時間1時間の内、20~30分はここで費やした気がします。※写真のエリアでアイス食べ放題です。工場設備は撮影禁止とのことなので、ゴチャゴチャと落書きしています。ご了承ください。

6:まとめ

工場見学といっても工場設備を窓越しに覗く感じです。特にスタッフさんによる解説などはありませんので、掲示されているパネルを読みながら設備を見て回る形になります。また、冬場は稼働率が少し低めなようで、あまり設備が動いていませんでした。夏場だとフル稼働しているのかもしれません。

大人は設備や歴史、品質管理やこだわりなど勉強になります。子供にとっては工場見学自体は短時間で見て回れる上、「とにかくアイス食べ放題!!最高!!」という感想。これはこれで良きかな。当然ながら子供たちは「また来たーい!!」とのことです。

シャトレーゼさん。ごちそうさまでした。ちゃんとショップでお菓子も買いましたよ。